2018年11月10日土曜日

高槻ギタークラブ第10回クラシックギター合同発表会

高槻ギタークラブ主催第10回クラシックギター合同発表会を開催します.委細後報します.多くのみなさまのご来場をお待ちしています.

日時 2018年11月10日(土曜) 午後
場所 高槻市立生涯学習センター 多目的ホール(300席)  
高槻市役所の北隣・総合センター内  
  JR高槻駅、阪急高槻市駅より徒歩7分
出演 高槻ギタークラブ、ギタークラブ「ソレイユ」
  他にゲスト予定
入場料 無料(300名様まで先着順)
(写真は2017年11月のものです)

2018年2月18日日曜日

練習予定日

(確定) 2月24日土曜 9:30-12:30 真上公民館
(確定) 3月10日土曜 9:30-12:30 真上公民館 先生指導日
(確定) 3月17日土曜 9:30ー12:30 今城塚公民館

練習は原則として第2土曜:真上公民館、第3土曜:今城塚公民館、第4土曜:真上公民館。第5土曜がある月は第4土曜の練習日は第5土曜にシフトします。時間はいずれも9:30-12:30です。

見学はいつでも歓迎です。ここからお問合わせください。
年間練習日程表はつぎの 続きを読む>> へ

2017年12月10日日曜日

高槻ハイウェイウォーキング

2017年12月10日に新名神高速道路・高槻JCT/ICが開通します。この日の午前中、高槻JCT/ICから往復7Kmの範囲でハイウェイウォーキングが行われました。寒い日ですがたいへんな人出でした。途中、Iさんに出会いました。3番目の写真の大きな橋脚は牧野方面(淀川東岸)から伸びてくる新名神本線のものだそうです。
*人物はすべて無関係です.










2017年12月2日土曜日

林田明子ソプラノリサイタル

林田明子ソプラノリサイタル 
歌の万華鏡 Vol.1心震える瞬間(とき)
2017年12月2日(土)
(終了しました)

京都出身で永らくウィーンで活躍中の林田明子さんのリサイタルです。『日本歌曲メインの演奏会です。今回はシンプルで超絶技巧など必要ない曲ばかりですが、詩の内容が円熟していて表現がごまかせないので、本当の意味で演奏する側の力量が問われる難しさがあります。私にとっては今までにない挑戦となりそうです』(林田明子さんより)

日時2017年12月2日(土) 15:00開演(14:30開場)
場所京都府立府民ホール"アルティ"
入場料一般3,000円、学生2,500円
当日券各500円増、ちらしをご覧ください

2017年11月5日日曜日

高槻ギタークラブ主催第9回クラシックギター合同発表会

高槻ギタークラブ主催第9回クラシックギター合同発表会
2017年11月5日(日) 14時開演(13時30分開場)
(終了しました)

高槻ギタークラブ主催第9回クラシックギター合同発表会を開催します.委細後報します.多くのみなさまのご来場をお待ちしています.

日時 2017年11月5日(日曜) 14時開演(13時30分開場)
場所 高槻市立生涯学習センター 多目的ホール(300席)
 高槻市役所の北隣・総合センター内
 JR高槻駅、阪急高槻市駅より徒歩7分
出演 高槻ギタークラブ、ギタークラブ「ソレイユ」
ゲスト 藤井敬吾先生、永田参男先生(予定)
入場料無料(300名様まで先着順)
プログラム

2017年の発表会

2017年 第9回クラシックギター合同発表会(2017年11月5日)より

No. 曲名 作曲 編曲 
35.あずさ2号 都倉俊一/永田参男


46.上を向いて歩こう 中村八大/永田参男


45.ドナウ河のさざなみ ヨシフ・イヴァノヴィチ/永田参男


13.ドレミのうた リチャード・ロジャース/藤井敬吾


47.ふるさと 岡野貞一/永田参男


2017年10月20日金曜日

「けやきの森市民大学」受講記

10月20日(金)午後2時から生涯学習センター2階の多目的ホールで大阪音楽大学公開講座の第2回目として「狩りからの調べ、ホルンの歴史と音の魅力」と題して「ホルン4重奏でお届けする演奏会」がありました。
講師は大阪音楽大学教授の池田重一さんで、共演者として音大の生徒さん3名も出演されていました。
池田さんは大阪フィルハーモニーご出身ということですが、たまたま昨夜中之島にあるフェスティバルホールで開催された大阪フィルの定期演奏会を聴きに行ったところでした。
ホルンはもともと狩りの合図として使用されていたとのことですが、ブリューゲルの絵にも確か狩りの場面を描いた作品にホルンのようなものを肩に担いだ人がいたような?
又、5~6メートルはありそうな木製のホルンが出てきて、会場の聴衆に「吹いてみたい人はいませんか?」との問いかけに女性2人が名乗り出られましたが、残念ながら音は出ませんでした。
次に吹奏楽部に在籍している中学生の男女3名が挑戦して見事に音が出ました。
その後ホルン4重奏で「サウンドオブミュージックメドレー」が高らかに演奏され、広い草原の中を子供たちとマリアが走り回る光景が目に浮かぶようでした。
ホルンだけの演奏は今まで聞いたことがありませんでしたが、重厚な雰囲気が伝わってきました。