2015年7月25日土曜日

太田太郎(Taro Ohta-Weir)君がクラブを訪問

帰国(来日)中の元部員、太田太郎(Taro Ohta-Weir)君が練習中に顔を見せてくれました。

まず演奏。
 (1)ブローウェル 舞踏礼讃 (太郎君はブラウアーと発音します)
  (2)J.S.バッハ リュート組曲3番よりプレリュード

その後、メンバから質問攻めになりました。つぎのように答えられていました。

  • ギターは15才のときこのクラブに入って始めました。永田先生にはじめてレッスンを受けました。それ以前にはヴァイオリンをやっていました。
  • ギターは一日に4時間くらい練習します。学校に通っているときも今のような休みの時も変わりません。
  • 練習はゆっくり確認しながら弾いて練習します。それからだんだんスピードを上げていきます。それから弾きすぎて故障が起きないよう注意しています。弾くことと指の疲労とのバランスをとることが大切です。
  • 大学は5月第一週が過ぎて夏休みになりました。それで日本に来ました。9月には大学が始まり2年生になります。
  • 大学ではアパートに入っています。3人で一緒に住んでいます。
  • 大学からは世界的なコンクールで賞を取った人もたくさんいるのでできれば当然、目指していきたいと思っています。
  • 日本に来るときに乗り継ぎ時に置き去りになったギターはまだ見つかりません。それで何度も空港に電話で問い合わせを続けています。心配です。保険は掛けていません。
  • フレンチカフェ「irodori」で毎日4時間バイトしています。月曜は休みです。ビラ配りをしますが若い子は受け取ってくれません。


これらの間、太郎君より何度か「皆さんは何を弾いてくれるのですか」と督促が出る。高槻ギタークラブより「アストリアス」を合奏。突然のシチェーションの逆転のためかやや元気が出ない演奏となる…

太郎君より「アストリアスをこれだけの人数で合わせるのはたいへんですね。とてもよかった。」

30分の予定が50分くらいにおよび、太郎君は白いギターケースを背にクロスバイクでバイト先に走って行きました。
太郎君、セットアップいただいた今井さん、ありがとうございました。
8月8日(土)には第2回目のコンサートを摂津響Saalで開かれます。


2015年7月7日火曜日

ソレイユ主催「第15回合同発表会」に参加しました

ソレイユ主催「第15回合同発表会」が7月5日(日曜)に開催されました。今年は向日市民会館の会場やその他リハーサル場所や控室が十分確保できなかったのですが、ソレイユの皆さんの細かなご配慮があって、いつもどおり楽しく参加することができました。みなさんのチームワークがうらやましく思えました。

参加は「ソレイユ」、高槻ギタークラブと永田先生の他、ギタークラブ「セシリア」、藤井敬吾先生とその教室の小中学生、大阪音楽大学出身の先生たちです。

高槻ギタークラブは日程都合などで数名が参加できず、1st6名/2nd4名/3rd3名というアンバランスな構成でした。しかし一番、前向きで鋭いキレを見せたのは3rdでした。少数だったために緊張感を持って実力を最大限に発揮されたのだと思います。1stにいた私はただ恥じ入るばかりでした。アストリアスはまだまだです。

「ソレイユ」は藤井敬吾先生による「楽しいギター教室」を母体に発足し今年20周年を迎えます。11月には記念コンサートを予定されています。また同じ経緯をもつ奈良のギターサークル「セシリア」も20年を迎えると思います。

20年も継続するというのはメンバ相互の相当の努力、苦労があってこそのことであって、当然のことながら自然にできるものではありません。途中休止期間があったり自然消滅したクラブの話はよく聞きます。高槻ギタークラブも来年10周年を迎えますが、先輩格の2つのクラブを見習い、少しずつでも発展できるよう努めたいと思います。

今年は打上(はなこ)まで恒例の大雨に会わずに過ごせました。ソレイユのみなさん、充実した一日をいただき、本当にありがとうございました。