2010年12月24日金曜日

反省会開催

12月23日(木・祝)午前9時半から先日の第4回クラシックギター合同発表会の反省会を行いました。
人前で演奏することの難しさや、今回のような純粋のクラシック曲もいいがポピュラーなどなじみのある曲もやってみたいなどの意見が出ました。
合奏を合わせることが大変だったとの意見もあり、どのような練習方法が適切かなどの質問もありました。
次に3月6日(日)に行われる真上公民館文化祭への取り組みについて相談しました。
演目は今回演奏した4曲に決まりました。
さらに来年の5周年コンサートに向けての取り組みについて、時期を11月から12月にかけての土・日で生涯学習センターのホールを申し込むことになりました。
今回発表会を聴きに来られた方が入会を希望され、反省会に参加していただきました。
次々新しい方が入部されることによって、ギターの輪が広がっていくことを大変うれしく思います。
5周年に向けて様々な準備が必要ですが、みんなで分担して作り上げていきたいと思います。
1月の練習日が10日(月・祝)、16日(日)いずれも午前9時半からに決まりましたので、お知らせします。

2010年12月12日日曜日

第4回クラシックギター合同発表会終了!!









12月11日(土)午後1時半から高槻市立総合市民交流センターで「第4回クラシックギター合同発表会が約80名のお客さんを迎えて開催されました。
第1部の独奏、重奏の部では昨年の発表会を聴きに来てメンバーに入られた2名も出演し、まったくの初心者だった人も落ち着いて「金鳳花ワルツ」を演奏しました。
高槻ギタークラブのメンバーのうち、6名は加入後1年未満の方でしたが全員日ごろの練習の成果が発揮できたと思います。
二重奏や三重奏も楽しく演奏でき、ソレイユのメンバーによる三重奏「スペインの花」が軽快に演奏され第1部を終了しました。
高槻ギタークラブの「アリオーソ」と「「カノン」も大きな拍手をいただきました。
ソレイユは去る11月28日の15周年コンサートの演目であった合奏曲「サラバンド」と「パッサカリア」を厳かに演奏しました。
最後に29名による合同演奏曲「ペッパー警部」と「UFO」を軽快に演奏し、第2部の合奏を弾き終えました。
第3部のゲスト演奏として最初に永田参男先生の独奏曲「マズルカ・ト長調」と「禁じられた遊び」が演奏され、続いて生徒さんとの二重奏「斬新的な二重奏曲第1番Op.55」と「アンクラージュマン」が演奏され、聴衆を魅了しました。