2011年11月13日日曜日

高槻ギタークラブ5周年コンサート無事終了!!

11月12日(土)午後2時から高槻市立生涯学習センターで開催された「5周年コンサート」が無事終了しました。会場には200人近いお客さんが入られ、緊張の中で始まった合奏曲「サンタ・ルチア」「グリーン・スリーブス」と進んで行きました。なんとか最初の6曲を弾き終え、拍手の中退場しました。賛助出演の「ソレイユ」の「G線上のアリア」他2曲の演奏の後、第2部として二重奏、三重奏を演奏しました。前日までの特訓の成果?かほぼテンポ通りに演奏できたようで、最後のバッハの「フーガ」で第2部を終了しました。休憩の後、ゲストとして講師の永田先生とマンドリニストの柴田高明さんによる素晴らしい演奏が始まり、観客の皆さんはその美しい音色に魅了されているようでした。最後の高槻ギタークラブの合奏三曲と「ソレイユ」との合同合奏三曲を弾き終え、急いでロビーでお客さんのお見送りに向かいました。それぞれ「良かったよ」という声をかけていただき、ホッとしました。大きな舞台での演奏に皆大変でしたが、この経験を次につなげていけたらと思いました。









2011年11月7日月曜日

「ラグリマ」10周年コンサート視聴記

岸和田で活動している「ラグリマ」さんの10周年記念コンサートに行ってきました。会場は自泉会館という国登録文化財に指定されているスパニッシュスタイルの建築物で、天井が高く教会のような雰囲気のある素敵な建物でした。会場には100人ほどのお客さんが入り、午後2時から開演されました。最初に全員合奏で「ワルツピカピカ」「イタリアーナ」など3曲が演奏され、その後三重奏や二重奏が演奏されました。いずれもレベルの高い曲で、しっかり練習されたことが感じられます。休憩の後、マンドリンと永田先生のギターでピアソラの「オブリビオン」が演奏されました。又、ゲスト演奏として永田先生がジョビンの「How Insensitive」、パウエルの「宇宙飛行士」など5曲を演奏され、アンコールとして「アメージング・グレイス」を演奏されました。最後に全員合奏で藤井敬吾先生作曲の「序曲2010」と長岡克己さん作曲の「YUME」が演奏されました。大変緊張されていたと思いますが、全員が日ごろの練習の成果を十分に発揮された素敵なコンサートだったと思います。