2010年11月29日月曜日

ギタークラブ「ソレイユ」15周年コンサート成功裡に終了

11月28日(日)午後2時から向日市民会館のホールで姉妹クラブの「ソレイユ」15周年コンサートが開催されました。
約150名のお客さんが来られた中で、ひまわりをイメージした衣装(黄色いベレー帽にグリーンのTシャツ)を着たメンバーによるオープニング曲のソレイユのテーマソング「オー・ソレ・ミオ」の演奏から始まりました。
第1部はこれまでに演奏したことのあるザ・ベンチャーズの「パイプライン」「ダイヤモンドヘッド」やピンクレディーの「ペッパー警部」「UFO」など軽快なリズムの曲を皮切りに、アルベニス作曲のスペインらしい「グラナダ」を演奏しました。
第2部は二重奏の「二つのギター」三重奏の「スペインの花」「オリーブの首飾り」が演奏され、「オリーブの首飾り」の中では演奏中に一人のメンバーによるマジックが披露されました。
又、4重奏では「ドナウ川のさざ波」がドナウの流れのようにゆったりとした雰囲気で演奏されました。
休憩の後第3部では独奏が演奏され、メンバーの中で一番若い酒匂さんが宮崎駿監督の映画主題歌の「となりのトトロ」を、代表の林田さんが「アルハンブラの思い出」を演奏され大きな拍手が起こっていました。
第4部のゲスト演奏では藤井先生による力強いラスゲアード奏法によるスペインらしい「粉屋の踊り」から始まり、お弟子さんの今村隆之さんとの二重奏でナザレ作曲の「オデオン」を、又上田ちよさんとは「オズの魔法使い」の中の「虹の彼方に」が演奏され、優雅な雰囲気にあふれていました。
第5部では全員がメンバー手作りの黄色い花をあしらった蝶ネクタイをして、日本の四季を題材とした中田章・喜直親子の作曲の「早春賦」「夏の思い出」「ちいさい秋見つけた」「雪の降る街を」をしっとりとした雰囲気で演奏され、最後に今回のために藤井先生が特別に編曲された「サラバンド」「パッサカリア」が厳かに演奏されました。
大きな拍手にこたえてアンコールとして、「オー・ソレ・ミオ」をもう一度演奏しながら幕が閉じられました。
終演後、全員がホールの入り口でお客さんたちをお見送りしながら、しばし歓談に花が咲きました。
結成当時の代表であった東京在住のメンバーも駆けつけ一緒に演奏に参加しましたが、いつまでも仲間としての絆がつながっていることに感無量でした。
打ち上げでは永田先生も駆けつけてくださり、藤井先生始め永田先生との二重奏などで大いに盛り上がった一日でした。

2010年11月22日月曜日

11月、12月の練習日について

いよいよ高槻ギタークラブ主催の「第4回クラシックギター合同発表会」が近づいてきました。
最後の追い込みに入りましょう!
11月の4回目の練習日が27日(土)午前9時半~、12月の1回目が4日(土)午前9時半~、2回目が5日(日)午後2時~、3回目が23日(木・祝)午前9時半からに決まりましたので、お知らせします。
今回高槻市の広報に掲載されないことになったので、果たしてお客さんが来られるかどうか心配ですが、みんなで人海戦術で声かけをしましょう!!
昨日の永田先生のリサイタルでのチラシ配布と11月28日(日)のソレイユの「15周年記念コンサート」での配布に期待しています。

2010年11月21日日曜日

永田参男先生初リサイタルおめでとうございます!!

11月20日(土)茨木市立男女共生センターWAMホールで午後7時から開催された永田先生の初リサイタルに、高槻ギタークラブのメンバーとソレイユ、ラグリマの皆さんたちと聴きに行ってきました。
180席の会場はほぼ満席で、永田教室の生徒さんや藤井先生の生徒さんやお弟子さんたちも沢山来られていました。
途中休憩があったものの午後9時までほぼ出ずっぱりの2時間の演奏を聴くのは初めてでした。
以前に聴いた曲もありましたが、初めて聴く曲もあり第1部の演奏ではS.ブロトンスの「前奏曲と踊りOp.42-1」は現代音楽の不思議な感じのする曲でした。
J.アルカスの「椿姫の主題による幻想曲」はとてもきれいな旋律で、ハーモニクスやトレモロが素敵でとくにピアノの音色が印象的でした。
第2部の藤井敬吾先生の「羽衣伝説」を演奏する前に、藤井先生との出会いや「羽衣伝説」を初めて聴いた時の驚きなどを話されて、クラシックギターを始めてわずか2年ですべてを習得された凄い才能を感じました。
途中藤井先生の独奏でF.タレガの「4つのマズルカ」を久しぶりに聴いて、懐かしさを感じました。
藤井先生との二重奏も息もぴったりで、心地よく聴けました。
どの曲も演奏時間が長かったのですが、「羽衣伝説」はできれば短縮版ではなく本来の曲を聴きたかったと思いました。
アンコールでいずれも藤井先生の編曲で、「禁じられた遊び」「小さい秋見つけた」「アランフェス協奏曲第2楽章」の3曲を演奏されましたが、もっと聴いていたいと思いました。
本当に長時間お疲れ様でした。
今後ともますますのご活躍を応援しています。