2016年7月31日日曜日

第89回大阪南YMCAライブラリ・コンサート視聴記

 7月30日、「第89回大阪南YMCAライブラリ・コンサート」に行ってきました。高槻GCの他、ソレイユや永田ギター教室の皆さんもごいっしょでした。

 冒頭でいきなり重奏の情熱的、南国的な「スペイン奇想曲」で始まりました。この曲とは40年余りぶりの再会です。ポーカーフェイスの永田先生と、情感豊かな表情・姿勢の柴田先生のコントラストも印象的でした。

この後、マンドリン、ギターそれぞれの独奏が続きますが、マンドリン独奏のコンサートは極めて少なくとてもいい機会でした。最後は藤井敬吾先生作曲の「マンドリンとギターの為のソナタ」です。「ドイツで藤井先生と柴田先生が演奏するために作られた曲で、マンドリンとギターが対等の立場でパートを受け持ち、ダブルコンチェルトのような曲」とのことでした。現代曲のような感じです。

なお、10月30日の高槻GC10周年記念コンサートでは、同じく永田先生、柴田先生の「マンドリンとギターの為のソナタ」、柴田先生ソロのマンドリン協奏曲ハ長調(ヴィヴァルディ)を予定しています。


USTREAMで1か月間(8月末頃まで)配信されるそうですのでご覧ください。はじめや途中にCMが入っています。→配信は終了しました。

クリック→ http://www.ustream.tv/recorded/90108820
スペイン奇想曲(ムニエル) 重奏 
ソナタニ長調 マンドリン独奏
アリアと変奏第4番(ガブリエレ・レオーネ) マンドリン独奏
<31分>










クリック→ http://www.ustream.tv/recorded/90110283
アリアと変奏第4番(ガブリエレ・レオーネ)続き
私の愛する花の選集第9番ばら ギター独奏
羽衣伝説 ギター独奏
月と山姥(桑原康雄) マンドリン独奏
大前奏曲(ラファエレ・カラーチェ) マンドリン独奏
マンドリンとギターの為のソナタ(藤井敬吾) 重奏
アンコール カンタービレ(パガニーニ)
<1時間25分>



2016年7月5日火曜日

ソレイユ主催第16回合同発表会に参加しました

7月3日、ソレイユ主催第16回合同発表会が開催されました。今年は向日市民会館が閉鎖されているので阪急東向日駅近くの寺戸公民館での開催でした。ソレイユの皆様には事前準備、会場確保・設営・運営とたいへんお世話になりありがとうございました。

  第1部 独奏と重奏、奈良のギタークラブ「セシリア」合奏
  第2部 高槻GC合奏、ソレイユ合奏
  第3部 藤井敬吾先生の門下生、教室生徒さんたちの独奏、重奏
  アンコールは藤井敬吾先生のアランブラ宮殿の思い出

ソレイユ合奏は「川の流れのように」、「春一番」、「ああ人生に涙あり」、「夏の想い出」と日本のうたシリーズでした。いつもはムソルグスキー/展覧会の絵のように重厚な演奏が続くのですが、今回は全く違っていました。でも聴衆の方には親しい曲ばかりでこの趣向もよかったと思います。「夏の想い出」は聴衆の皆さんといっしょに歌ったのですが、とても大きな、美しい歌声となって響きました。

高槻GCの先頭は「いい日旅立ち」。この曲はイントロでの各パートのテンポが難しいので順番を後にした方がよかったかもしれません。何とかスタートできたのですがその後、部分的に少しずれながら進行していた気もしますが…。

さて、残るは10月30日の高槻GC10周年コンサートになりました。正味わずか3か月です。ピッチを上げて毎週土曜日の練習で合奏、重奏を磨き上げていこうと思います。